読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 ららぽーと和泉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと和泉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【イベントレポート】第7回STC座談会開催しました!

みなさまこんにちは。ららぽーと和泉店の上林(かんばやし)です。
春がもうそこまで!花粉症の方はつらい時期がきましたね・・・。私は花粉症にはならない!って思っているのでなりません!(たぶん・・・)
さてさて、先日3月3日ひな祭りに第7回STC座談会を開催しました!
昨年3月に始めた座談会、1周年記念の回です♪
これもご参加くださる先生方のおかげです!本当にありがとうございます!!
今回は最多の7名の先生方にお集まりいただきました!


第7回のテーマは
「バイエルを楽しくレッスンするためには?」


「・・・で?・・・」って感じですよねー(汗)


まず、バイエルとは?
ドイツの作曲家、フェルディナント・バイエルが作った教則本です。
以下ウィキペディアより抜粋です。

バイエル教則本は子供など、主に初めてピアノを練習する者を対象としている。全106曲といくつかの予備練習で構成されており、題名などはない。先生と生徒で演奏する連弾曲も含まれている。
バイエル教則本は、日本での決定的な地位を保ち続けてきた[11]他、韓国でも盛んに使用されている。ドイツ語・フランス語・英語・イタリア語・スペイン語・チェコ語など、さまざまな言語でも出版されている。
バイエルの問題として、右手がメロディー左手が伴奏というパターンが多いこと、調性に限りがあること、奏法に偏りがあること、曲数が多く番号の連続でモティベーションが損なわれやすいことなどが指摘されている。

なんか難しい(大汗)

私は子供のころに赤バイエル→黄バイエルへと進みました。それはうん十年前の話・・・。今の先生方はバイエルを使用されていない先生も多いんですね。
その理由としては、

  • おもしろくない。
  • 生徒が練習しない。
  • もう辞めるって泣き出す。

など、なんだか本当に楽しくないんだなってわかります。私も楽しかった思い出はありません!
本国ドイツでも現在はあまり使用されていないようです。
でも、親御さんから
「うちの子、なんでバイエルやらないんですか?」
などのご意見もでるそう。

1番から順にやるのではなく、途中だけ使用したりと工夫されている先生方ばかり!
今回の座談会で出た結論からいうと、
「バイエルを楽しくレッスンするのは無理!」
でした(笑)


しかし!

  • 後半には美しい曲が多い。
  • 弾きこむと指が動くようになる。
  • ピアノのテクニックを習得するためには大切。

というお話もいただきまして、様々な教本が発売されている中でも長く愛用されるには理由があるんだと思いました。
「バイエルは気長にちゃんと練習できる子向き」なのかもしれません。でも保育系に進まれる方には必須教材ですので、そちらの方々は頑張ってください。


今回もためになるお話をたくさん聞かせていただき、ご参加いただいた先生方、本当にありがとうございます!
次回もお待ちしております!

第8回・第9回の開催予定です♪

第8回「発表会の曲選び」
日時 5月12日(木)11:00~
会場 店内L部屋
定員 10名(予約制)
参加費 ¥540(税込)

※基本は奇数月第1木曜日に開催していますが5月は2週目です。

先生方が毎回頭を悩ませる曲選び。ポイントやコツなどを一緒に見つけましょう。

第9回「電子ピアノってどうなの?」
日時 7月7日(木)11:00~
会場 店内L部屋
定員 10名(予約制)
参加費 ¥540(税込)

生徒さんの電子ピアノ所有率が高くなっている今、「ぶっちゃけどうなの?」と思ってらっしゃる
先生も多いはず。良い点、悪い点を一緒に勉強しましょう!


STC座談会の参加にはSTC(シマムラティーチャーズサークル)への登録をお願いしておりますが、未登録の方でもご参加いただけます。
お茶会感覚で開催していますので、みなさまお気軽にご参加ください♪



お問い合わせ

店舗名 島村楽器 和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 上林(かんばやし)

お気軽にお問い合わせください。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.