読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 ららぽーと和泉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと和泉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Mr.Fumiyaのメンテナンス講座 ~vol.3~

サドル交換!

みなさん こんにちは! 和泉店スタッフの東(ひがし)です。
みなさん今年も夏がやってきましたね~
暑さに弱い僕ですが一年の中で一番好きな夏
学生時代の東は、もうこの時期ぐらいから夏休みの計画を立て始めていました。
みなさんは、どうですか?
夏の計画は、早めに立てましょうね~

そんなことは、おいといて今回もやっていきたいと思います。
Mr.Fumiyaメンテナンス講座!
今回の題は、前回のアコギの高調整に少し似ているのですが
サドルの交換についてやっていきたいと思います。
前回の記事を見て高調整をやってみた方が、「削り過ぎた」と持って来られました。
f:id:shima_c_izumi:20150513144053j:plain
このようにめちゃくちゃ削ってしまった感じです。
こうなってしまうとサドルを変えないといけなくなります。
今回は、ピックボーイのサドルを使ってやっていきます。
f:id:shima_c_izumi:20150513145425j:plain
(モノによってはサイズが合わないものもありますので注意してください!)
今回もサイズの合わないものだったので加工しました。
まずはを外し古いサドルを外します。
f:id:shima_c_izumi:20150513150255j:plain
そして新しいサドルを合わしサイズを確認します。
f:id:shima_c_izumi:20150513151106j:plain
それが終わると削って加工に入っていきます。
まずは、サンドペーパー(#180)を用意してください。
平らなところに貼り平面に削れるようにします。
f:id:shima_c_izumi:20150513151424j:plain
そして削ります。
削っていくポイントは、削るサドルの押さえ方です。
押さえるポイントは、このように3点でモノを押さえてあげてください。
f:id:shima_c_izumi:20150513151723j:plain
こうすることによって重心が全体にかかるのでキレイに平面がでます。
そしてサドルの厚さと溝がピッタリと合うところまで小まめにチェックして削りましょう。
そして最後にスチールウールと言うもので仕上げましょう。
f:id:shima_c_izumi:20150513152536j:plain
(やらなくても大丈夫ですが仕上がり方がきれいになります!)
そしてサドルをはめ込み、を張ってください。
最後にネックの反りを調整し
f:id:shima_c_izumi:20150513153104j:plainf:id:shima_c_izumi:20150513153116j:plain
完成です!
こんな感じの難しい修理になってきます。
なので自分ではやらずプロの方にお願いすることをお勧めいたします。

Mr.Fumiyaより

いかがでしたか?
今回も難しい修理の紹介だったのですが
何度も言いますが自分ではやらずプロの方に頼むことをオススメします。
そして和泉店にお越しいただけたら東もご相談に乗ります。
スタッフ一同心よりみなさまのご来店お待ちしております。
VOL.4につづく~

お問い合わせ




店舗名 島村楽器ららぽーと和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 東(ひがし)

当店へのアクセス

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.